エビングハウスの忘却曲線をご存知でしょうか?

ドイツ人である心理学者のヘルマン・エビングハウス(1850年1月24日 – 1909年2 月26日)によって導かれた、人間の脳の「忘れるしくみ」を曲線で表したものは【エビングハウスの忘却曲線】と言われるものです。

暗記しても復習しなければ、必ず忘れてしまう動物が我々、人間なのです!

20分後、1時間後、1日後、1週間後にどれだけ忘れてしまうのか?

それが下記の表となっております!

20分後には、42%を忘れる

1時間後には、56%を忘れる

1日後には、74%を忘れる

1週間後には、76%を忘れる

1ヶ月後には、79%を忘れる

驚くべきは、1時間後には56%をも忘れさせてしまう、我々の脳なのです....。何もしなければ、1ヶ月後には8割もすっかり忘れさせてしまうのです....。

では、どうすれば、折角学んだものを記憶に定着させることが出来るのでしょうか??

それは、繰り返し学習あるのみです!

繰り返しの学習が、我々の脳に定着させることができるのです!

それが次の表となります。

上記でもわかるように確実に脳に定着させるには、兎に角『繰り返し学習』が重要なのです!

自立型個別指導塾 ASUCOM 本部校なら、繰り返し繰り返し学んで参りますので確実に学力向上が見込めます!

関連記事

  1. ニュートン直筆の原稿が、オークションに出品されたとの報!

    ニュートン直筆の原稿が、オークションに出品されたとの報!

  2. 自立型個別指導塾 ASUCOM 【アスカム】本部校の『新規開…

  3. 日差し対策も万全になりました☆彡

  4. 2021年1月5日火曜日☆彡

  5. 黄砂を伴って荒れそうな日曜日となりそうです。

  6. 朝から汗だくになってしまいました………

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA