パラリンピック大会名の意味をご存じでしょうか?

皆様お早う御座います☆彡 久しぶりに傘なしで朝の散歩を気持ち良く行った、伊勢崎市羽黒町にある自立型個別指導塾ASUCOM本部校、塾長松島です。

昨日、スタートとなった東京パラリンピックでは、早速、競泳女子100m背泳ぎ S2で山田選手が銀メダル、競泳男子50m平泳ぎ SB3で鈴木選手が銅メダルを獲得なされました!

おめでとうございます☆彡

しかも山田選手は、なんと14歳!若い!素晴らしい!

日頃の努力の成果が、見事にメダルへと昇華され、素晴らしいと思います!

ところで、パラリンピック大会名の意味をご存じでしょうか?

「ギリシャ語のパラ{英語のパラレル(平行)の語源}+オリンピック(Olympic Games)」とし、「もう一つのオリンピック」として再解釈することとしたそうです。

その歴史も古く、今から61年前の1960年のローマ大会から正式に使用され始めたとのことです。

リアルタイムでの観戦、応援は難しいかもしれませんが、日本選手たちの活躍を祈ることといたしましょう☆彡

関連記事

  1. 自宅の玄関前にアオダイショウ!

    【閲覧注意】自宅の玄関前にアオダイショウ!

  2. 本日は祝日ですが特別授業を行っております☆彡

  3. 日差し対策も万全になりました☆彡

  4. 有難いことです☆彡

  5. 2021年も早くも3分の1が過ぎ去りました!

  6. 境西中学校、男子2位☆彡

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA