人口40,004人の自治体とは?

人口40,004人の自治体とは?

皆様、今晩は☆彡 今日は買物やら用事ごとなどに明け暮れましてブログの更新が夕方となってしまった、伊勢崎市羽黒町にあります自立型個別指導塾ASUCOM本部校の塾長、松島です!

人口40,004人。

一体どこの自治体の人口でしょう?

2005年には、合併し2021年の現在では、人口211,375人となった自治体。

答えは、1940年の今日、群馬県内で4番目の市となった伊勢崎市です☆彡

そうです!今日は、伊勢崎市(旧伊勢崎市)のお誕生日。

今から81年前に佐波郡伊勢崎町と殖蓮村、茂呂村が合併して生まれた伊勢崎市。

昔は、キュッとしまったローカルな街だったのですね!

関連記事

  1. 今日から、多くの中学校で1学期の中間テストが行われました。

  2. 価格高騰によって2022年の正月のお料理は、変化が伴いそうです。

    価格高騰によって2022年の正月のお料理は、変化が伴いそうで…

  3. 眞子様と小室圭さん、本当におめでとう御座います☆彡

  4. 3年ぶりの行動制限のないお盆休みも。

  5. 『UFO(未確認飛行物体)』の公聴会☆彡

    『UFO(未確認飛行物体)』の公聴会☆彡

  6. 今日は、なぜかソファーで10分ほど仮眠を取りました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA