「ロシアがウクライナと戦争するのは、東京と京都が戦争するのと同じだ」というお話。

皆様今晩は☆彡 今日は、歴史のお勉強を語る伊勢崎市羽黒町にあります自立型個別指導塾ASUCOM本部校の塾長、松島です!

ロシアによる公然の事実化したウクライナへの侵略が止まりませんね…。

「戦争は始めたい時に始められるが、止めたい時に止められない」。

現在は、イタリアに併合されたフィレンツェ共和国の政治家であり、外交官、軍人でもあった、「君主論」の著者として知られる政治思想家マキアベリの言葉です。

正にロシアによるウクライナへの侵略は、マキアベリの警告通りの展開になっています。

如何なる理由があろうと、一般市民への殺傷、軍事力による現状変更、原発施設攻撃、今はまだ行ってはおりませんが、生物化学兵器の使用等の暴挙は、決して許されません。

ロシアを厳しく非難するとともに、ウクライナ国民に連帯の意をここに表します。

しかしながら、民族問題を内包する戦争の深層は、当事者以外には理解し難いのが実情なのです。

日本在住のウクライナ人が、TVインタビューで、「ロシアがウクライナと戦争するのは、東京と京都が戦争するのと同じだ」と語っていたことが、とても印象深いです。

モスクワとキエフ間は、約800km。我が伊勢崎市から直線距離で山口県の下関市くらいの距離です。

そして、外せない事実として歴史的にキエフ公国はロシアのルーツと言えます。

ウクライナにはウクライナ人・ロシア人・ポーランド人等が居住し、民族的には日本とは違って単一民族ではありません。

旧ソ連は、帝政ロシアからウクライナを解放しましたが、その後はソ連共産党が帝政ロシアのようにウクライナを支配しました。

ソ連崩壊後、ロシアは旧ソ連内の国家独立を認めたものの、その前提はEUやNATOに加盟しないことでした。

実は、ここが今回のロシアの横暴愚挙の根底にあるのです。

2014年2月には、EUとの貿易協定締結を見送ったウクライナ政府への反発が強まり、親露派ヤヌコヴィッチ大統領が失脚。

この事態を受けて同年3月には、ロシアがウクライナ国内のロシア系住民保護を名目にクリミア半島侵攻。

同年5月、ロシアと対立する資産家ポロシェンコが大統領に就任し、親米政権を樹立しました。

2019年には、そのポロシェンコを破ってやはり親米欧、NATO入りを標榜するゼレンスキー大統領が誕生しました。

この流れを見るだけで、今回の打開策は見通せないのです。

いずれにしても、ここ日本にも3か月後か半年後か断定はできませんが、遠からず小麦粉・ガソリンを含む石油製品、トウモロコシ・お肉・カニやウニなどの海産物、様々な食料品が、相当な値上がりとなること必至となります。

私たち日本人は、ウクライナ情勢をただ黙って指を口にくわえて見続けるだけですが、「今、歴史が動いている」という、この事実のみを頭に刻み込んで参りましょう☆彡

関連記事

  1. 日差し対策も万全になりました☆彡

  2. 自立型個別指導塾 ASUCOM 【アスカム】本部校のインターフォンは、自宅でも通話が可能です☆彡

    自立型個別指導塾 ASUCOM 【アスカム】本部校のインター…

  3. ぐんま国際アカデミー(GKA)への小学校受験の特別授業も来年、2022年度から受け付けられます☆彡

    ぐんま国際アカデミー(GKA)への小学校受験の特別授業も来年…

  4. 14時から通塾す。

  5. 私立高校への合格通知が続々と届いており、嬉しく感じております☆彡

    私立高校への合格通知が続々と届いており、嬉しく感じております…

  6. 自立型個別指導塾 ASUCOM 【アスカム】本部校には自習室…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA