恐らく近い将来には、ドル円は130円、135円と節目を超えていくことでしょう。

皆様今晩は☆彡 突然のうすら寒さに驚いた水曜日を迎えた、伊勢崎市羽黒町にあります自立型個別指導塾ASUCOM本部校の塾長、松島です!

円安ドル高が、止まりませんね!

昨日の東京時間(日中)にドル円は、128円台を付けました。

この128円台は、なんと2002年5月以来およそ20年ぶりの円安ドル高水準。

その原因は、インフレを抑えつけるために金融引き締めを強めるアメリカでは、長期金利を昨年末の1.5%から2.7%台に上昇させました。

しかし逆に日銀は、長期金利をゼロに抑える緩和を続けており、日本とアメリカの金利差が拡大しているからです。

例えば預金をする場合、円よりもドルで預けたほうが利息を得やすくなるので、円売りが加速しているからです。

ではなぜ日銀は、長期金利を上げられないのか?

簡単に言ってしまえば、

「財務省の試算では、金利が1%上昇した場合、令和7年度・2025年度の元利払いの負担は想定より3.7兆円増える」

からであり、もはやこの超円安トレンドは、修正不可能なのです。

恐らく近い将来には、ドル円は130円、135円と節目を超えていくことでしょう。

それでは本日も頑張って参りましょう☆彡

関連記事

  1. 年末年始は、5~6年に一度の寒さに………

  2. 明日からまた2日間のお休みとなりますが。

  3. 明日は、早朝から雪予報の群馬県。果たしてどうなることやら。。…

  4. 『ギョーザの日』。書いていたら猛烈にお腹が空いてきました..…

  5. もう来週の月曜日には、黙っていても3月となりますね!

  6. 普段からよく寝る人間です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA